Amazonプライムビデオをテレビで見る方法8選まとめ

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法

Amazonプライムビデオは、スマートフォンやパソコンなどから簡単に動画視聴ができてしまいます。
場所を選ばず、気軽に好きな映画やドラマを観ることが出来るため、通勤時間や昼休みなどの空いた時間に利用している人も多いはず。

ただ、自宅に一人でまったりしたいときには、テレビの大画面で贅沢に動画を満喫したいですよね。

そこで今回は、Amazonプライムビデオをテレビで見る方法を8つ全てまとめてみました。
必要な道具や費用、一番おすすめの方法なども載せているので、ぜひご参照ください!

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法8選

それでは、Amazonプライムビデオをテレビで見る方法を8つ、それぞれ具体的に見ていきましょう!

Fire TV Stickで視聴する

まず初めに、「Fire TV Stick」でAmazonプライムビデオを見る方法をご紹介していきます!

Fire TV Stickとは、Amazonが販売しているメディアストリーミング再生端末のこと。
テレビのHDMI端子に繋ぐだけで、Amazonプライムビデオを始めとした様々な動画配信サービスを視聴することが可能です。(Wifiは必須となります)

USBのようなスティック型で場所を取らないため、友人宅などに持ち込んで別のテレビに使用することもできます。
また、定価4980円と、他の機器に比べて価格が安いことも魅力です。

Amazonプライムビデオの他にも、Hulu、Netflix、AbemaTV、dTVなど多彩な動画配信サービスにも活用可能。
SilkやFirefoxの利用で、YoutubeやFacebook、Twitterなどのヴェブサイト・SNSへもアクセスもできます。

唯一の弱点といえば、有線によるWiFi接続に対応していないこと。

ただ、価格や利用の幅広さ、手軽さを総じて考えると、今現在Amazonプライムビデオをテレビで見る方法として最もおすすめです。

メリット
  • 4980円とほかの機器に比べて安い
  • コンパクトで持ち運び可能
  • 複数テレビでの設置に対応
デメリット
  • 有線のWifi接続に対応していない
  • 4Kなどの高画質に対応していない

Amazon Fire TVで視聴する

  • Amazon Fire TVはAmazon販売の高性能デバイス。
    Fire TV Stickと同じようにテレビのHDMI端子に機器を挿して、利用します。
  • ただ、価格は9000円程度と少し高めです。
    その理由として挙げられるのが、4KやHDRなどの高画質にも対応しているという点。
    スピーカーや4Kテレビ、ソファなどを買い揃えて映画館のような動画視聴を楽しむには、Amazon Fire TVはうってつけと言えます。

    リモコンが音声にも対応しているので、操作性も抜群。面倒なボタン操作を省くことが出来ます。

    また、別売りのアダプターで有線でのWifi接続が可能となります。
    もし自宅の無線WiFiの速度が遅かったり、故障してしまっていたりしても、問題なくAmazonプライムビデオの視聴が可能です。
    有線のほうが通信速度が速く、安定するので、動画視聴中に途切れたりする場合には有線を試してみるのが有効です。

    Fire TV Stickと利用できるサービスは同じで、様々な動画配信サービスが利用可能です。他のアプリの利用でWEBサイトの閲覧も出来てしまいます。
    利用できるサービスや機能が同じなので、コスト面を考慮するならば、Fire TV Stickのほうがおすすめです。

    メリット
    • 4K等の高画質に対応
    • 音声リモコンに対応
    • 別途アダプタで有線Wifiに対応
    デメリット
    • Fire TV Stickより値段が高い
    • Fire TV Stickよりもサイズが大きい

    Chromecast(クロームキャスト)とパソコンで視聴する

    続いては、Chromecastを利用した方法をご紹介します!

    Chromecastとは、Googleが販売しているストリーミング再生端末のこと。
    上記で紹介したFire TV Stickと同じ4980円で、基本的な性能も同じです。
    違う点は、Fire TV Stickが「機器内に入っているアプリから動画を観る」のに対して、Chromecastは「パソコンやスマホ内の動画をテレビに映し出す」というもの。

    つまりChromecast単体では、Amazonプライムビデオに対応していないため、コンテンツの視聴が出来ないんですね。
    一回パソコンやスマホでAmazonプライムビデオを開いて、その動画をテレビに映さなくてはいけないんです。

    またChromecastを利用する場合は、一回Googleの「Chromecastのセットアップ」というページから登録作業を行う必要があります。

    Amazonプライムビデオをテレビで見る方法としては、段階を踏む必要がありますし、パソコンも並行して使用する必要があるので、若干デメリットのほうが多いかなあ、と感じます。

    メリット
    • 価格設定がほかの機器よりも安い
    • スマホ作業で画面を大きくしたいときにも使える
    デメリット
    • Chromecast単体での動画視聴は出来ない
    • 事前にChromeへの登録が必要

    Apple TVで視聴する

    続いては、Apple TVを使った方法をご紹介していきます!

    Apple TVとは、Apple発売のストリーミング再生端末のこと。
    Amazonプライムビデオを始めとした動画配信サービスアプリが搭載されているほか、Youtubeの視聴やAppleMusic・iTunesの利用など、多彩な用途に用いることが出来ます。

    問題は、値段が高額であること。

    価格の比較
    • Apple TV 32GB:15800円
    • Apple TV 4K 32BG:19800円
    • Apple TV 4K 64GB:21800円

    このように、基本的な価格がほかの機器と比較するとかなりお高め。

    他のApple製品とリンクするなど、ほかの用途にも利用したいという方は購入するべきです優れものの商品です。
    ただ、純粋にAmazonプライムビデオをテレビで見るだけとなると、ちょっとコスパが悪いように感じますね。

    メリット

  • Apple製品に関するサービスが満載
  • 音楽再生や自作アプリ開発が可能
  • デメリット
    • ビデオ視聴のみが目的だと価格が高すぎる

    ゲーム機(PS4、PS3、Wii U)で視聴する

    PS4、PS3、Wii Uといったゲーム機内にAmazonプライムビデオのアプリを入れる方法もあります。
    普段ゲームをしている人であれば、わざわざ新しい機器を購入する必要が無いので、大きなメリットがあります。

    ただ、ゲーム機自体は2万円~4万円程度と高いもの。
    Amazonプライムビデオをテレビで見るだけの目的ならば、ゲーム機よりもFire TV Stickなど他の安い機器を購入するほうが、コスト面ではおすすめです。

    メリット
    • ゲーム機を既に持っていればコストがかからない
    • ゲームプレイやブルーレイ機能なども一緒に楽しめる
    デメリット
    • 価格が高い
    • ゲームをやらない人の場合購入したメリットが少ない

    スマートテレビで視聴する

    続いてはスマートテレビを利用した方法をご紹介します。

    スマートテレビとは、インターネット機能が搭載されているテレビのこと。スマホやパソコンの機能とテレビが合体した商品になります。
    テレビ内にアプリが搭載可能なので、Amazonプライムビデオの専用アプリをダウンロードすればそのままコンテンツが楽しめてしまいます。
    テレビだけで動画視聴が出来るので、他の機器を買ったり、配線コードに場所を取られたりするデメリットが無くなります。

    一般家庭サイズだと、安いもので10万円、最新のものになると45万円ほどかかります。
    とても高額ですが、テレビを買い替えるタイミングで思い切って手を伸ばすのも良いですね。

    ほとんどないケースですが、機種によっては、Amazonプライムビデオのアプリに対応してない場合があるので、予め商品のチェックしておきましょう。

    メリット
    • 既に機器を持っていればコストがかからない
    • 他の機器が必要ないので場所を取らない
    デメリット
    • 価格が高すぎる
    • 購入のタイミングがなかなか無い

    対応ブルーレイレコーダーで視聴する

    Amazonプライムビデオに対応しているブルーレイレコーダーというのも存在します。
    対応モデルは今のところ少ないですが、普段のテレビ録画やDVD視聴もひとつの機器で出来てしまうので、とても便利です。

    スマートテレビと同じく、新たな機器の購入や配線スペースが必要ない点も大きなメリットです。

    価格は6~11万円程度。
    スマートテレビと同様、念のため、Amazonプライムビデオ対応機器を確認しておくのが有効です。

    メリット
    • 既に機器を持っていればコストがかからない
    • テレビ録画やDVD視聴も楽しめる
    デメリット
    • 価格が高すぎる
    • 購入のタイミングがなかなか無い
    • 対応モデルが少ない

    HDMIケーブルで視聴する

    Amazonプライムビデオをテレビで見るのに最もローコストなのが、HDMIケーブルを利用した方法です。

    パソコンとテレビとをHDMIケーブルで繋げば、パソコンで再生している動画がそのままテレビ画面に映し出されます。
    変換アダプタがあれば、スマートフォンやiPhoneからでもテレビへの接続が可能となります。

    パソコンやスマホでAmazonプライムビデオを再生して、それをHDMIケーブルでテレビに繋いで見ることが出来てしまうんですね。

    HDMIケーブルは1000円程度。
    変換アダプタも安ければ1000円ほどなので、両方揃えるにしてもお手軽な値段です。

    Fire TV Stickなどの専用機器と比較すると、少しロードが遅い場合も多く、ときどき動画が荒くなったりすることもあるので、それが少しデメリットといえます。

    また、安価なケーブルだと動画が再生されないといった口コミも少なくないので、購入の際は注意が必要です。

    メリット
    • 他の機器に比べて最もコストがかからない
    デメリット
    • ロード速度が遅くて映像がたまに不安定
    • ケーブルによっては映像が映らないケースもある

    Amazonプライムビデオをテレビで見る際の注意点

    ここで、Amazonプライムビデオをテレビで見る際の注意点を見ていきましょう!

    HDMI端子の付いているテレビが必要

    一点目は、テレビにHDMI端子が付いていること。

    Fire TV StickやAmazon Fire TVなど、今回ご紹介した機器はいずれもテレビのHDMI端子に繋いて利用します。
    今販売されているテレビは基本的にHDMI端子が付いていますが、古いテレビなどの場合には付いてない可能性もあります。

    HDMI端子は、テレビの裏側か側面にあるので、気になる方は念のため、一度確認をしておきましょう。

    インターネット回線が必要

    Amazonプライムビデオはインターネット回線を通じて動画を視聴するもの。
    そのため、必ず視聴の際にはインターネット回線が必要となります。

    ご自宅にインターネット回線が引かれておらず、ルーターやポケットWifiが無い状態であれば、必要な手続きを行ってビデオ視聴環境を整備しましょう。

    Amazonプライムビデオをテレビで見る方法まとめ

    今回はAmazonプライムビデオをテレビで見る方法についてまとめていきました。

    ご紹介した8つの方法それぞれにメリットとデメリットが存在するので、視聴者が自身の環境から最適なものを選ぶのがベストですね。

    例えば、価格は高いけれど、スマートテレビやブルーレイレコーダーであれば、ちょうど買い替えタイミングの人は、この機会に購入してみるのも良いです。

    コストのかからなさや持ち運びやすさ、映像の安定性などを総じて考えると、個人的には「Fire TV Stick」一番おすすめです。

    いかがだったでしょうか。

    最適な方法を選び取って、快適なAmazonプライムビデオ視聴を楽しみましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です