映画「ターミネーター」シリーズの時系列を徹底解説~全作品のあらすじも公開順におさらい~

ターミネーター6 シュワルツェネッガー
出典:https://www.denofgeek.com/uk/movies/terminator/58583/terminator-6-director-cast-actors-linda-hamilton-arnold-schwarzenegger/

ダダンダンダダン♪ダダンダンダダン♪でおなじみの、アーノルド・シュワルツェネッガー主演SF映画「ターミネーター」

誰もが聞いたことにあるはずのSF超大作「ターミネーター」ですが、シリーズとして5作品公開されておりますが、

2019年11月ついに、過去出演していたサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンを引き連れた新作「ターミネーター/ニュー・フェイト」が公開されます!

まちょみ

今回は、知っておくとより「ターミネーター/ニュー・フェイト」を楽しめる、今までのシリーズのあらすじや、ストーリーの時系列をご紹介していきたいと思います!

「ターミネーター ニュー・フェイト」の詳しい情報を知りたい方はこちら!

映画「ターミネーター」シリーズの時系列と公開順をそれぞれおさらい

映画「ターミネーター」シリーズの公開順

まずは現在までに公開されている第1シリーズから第5シリーズまでの公開順にご紹介します!

「ターミネーターシリーズ」公開順
  • 第1シリーズ 1984年公開 映画「ターミネーター」
  • 第2シリーズ 1991年公開公開 映画「ターミネーター2」
  • 第3シリーズ 2003年公開 映画「ターミネーター3」
  • 第4シリーズ 2009年公開 映画「ターミネーター4」
  • 第5シリーズ 2015年公開 映画「ターミネーター新起動/ジェニシス」
  • 第6シリーズ 2019年 映画「ターミネーター/ニュー・フェイト」

このような公開順になりますが、第3シリーズからSF映画界の巨匠ジェームズ・キャメロン監督ではなくなり、ストーリーの流れに変化や時系列の分岐が生じています。

単純に公開された順番通りに見れば時系列が分かるということでもないようす。

そのため以下では本来の時系列についてまとめていきたいと思います!

映画「ターミネーター」シリーズの時系列は3つに分かれている

ここからはストーリーの流れに合わせ、時系列をまとめていきます。

「ターミネーター」シリーズは「1」・「2」を基盤として3つの時系列に分岐しています。

箇条書きでまとめていくと、以下の通り!

時系列その1
  1. 1984年公開 「ターミネーター」

    舞台となる時代 1984年 ロサンゼルス

  2. 1991年公開公開 「ターミネーター2」

    舞台となる時代 1994年 ロサンゼルス

  3. 2003年公開 「ターミネーター3」

    舞台となる時代 2004年 ロサンゼルス

  4. 2009年公開 「ターミネーター4」

    舞台となる時代 2018年 審判の日により荒廃したロサンゼルス

時系列その1は、これまでの作品の順番通りに物語が展開していく「ニュー・フェイト」制作以前の流れ。

人類(抵抗軍) の指導者であり救世主ジョン・コナーの抹殺を巡り、スカイネット(機械軍)の刺客が送り込まれるところから、ついには審判の日が訪れてしまい、本格的な戦争に陥るまでの物語です。

時系列その2
  1. 1984年公開 「ターミネーター」

    舞台となる時代 1984年 ロサンゼルス

  2. 1991年公開公開 「ターミネーター2」

    舞台となる時代 1994年 ロサンゼルス

  3. 2019年公開 「ターミネーター/ニュー・フェイト」

    舞台となる時代 2019年8月現在 明らかとなっておりません。

時系列その2は、「ターミネーター1」・「ターミネーター2」に続き、今回公開される新作映画「ニュー・フェイト」へと繋がっていく物語になります。

まだ具体的な内容や舞台設定は明らかにされていませんが、ジェームズ・キャメロン監督は今作「ニューフェイト」を「ターミネーター2」の正統な続編と明言。

「3以降のシリーズは無かったことにしてもらっていい」とも公言しており、「ターミネーター1」・「ターミネーター2」の続編として、それ以降の作品とは無関係に新たな時系列が生まれています。

「ターミネーター ニュー・フェイト」の詳しい情報を知りたい方はこちら!

時系列その3
  • 2015年公開 「ターミネーター 新起動 /ジェニシス」

    舞台となる時代 1984年 ロサンゼルス

時系列その3は、2015年公開 「ターミネーター 新起動 /ジェニシス」のみを独立させた物語。

「ターミネーター 新起動 /ジェニシス」は「ターミネーター1」と同じ時代を舞台としたパラレルワールドという設定のため、時系列としては作品単体で完全に独立しています。

まちょすけ

時系列が3つに分かれてるなんて知らなかった

まちょみ

時系列順に見ていくとより「ターミネーター」を楽しく観れると思うよ♪

映画「ターミネーター」シリーズのあらすじを時系列順にご紹介(ネタバレあり)

まちょみ

ここからは映画「ターミネーター」シリーズのあらすじを時系列順にまとめていきます。

ネタバレありの内容も含んでいるので、まだ観たことのない方はご注意ください!

時系列は前述した番号で分類わけしています。

まずは2つの時系列に共通して存在している作品「ターミネーター1」と「ターミネーター2」のあらすじをおさらいしていきましょう!

時系列その1&その2:1984年公開「ターミネーター」


基本情報
  • 上映時間:108分
  • 監督

    ジェームズ・キャメロン

  • 主な主演者

    ・アーノルド・シュワルツェネッガー

    ・マイケル・ビーン

    ・リンダ・ハミルトン

なぜターミネーターが、過去へ来たのか・・・?

人類と機械がなぜ戦争をしているのか・・・?

ジョン・コナーの生まれた理由は?

全てはここから始まりました!

ターミネーターシリーズを見るために欠かせないストーリーが映画「ターミネーター」に詰まっています。

あらすじ

1984年5月12日ロサンゼルス。

ターミネーターT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、電話帳で「ロサンゼルス」と「サラ・コナー」を調べ、片っ端から「サラ・コナー」という女性を射殺していきます。

マスコミや警察は、同姓同名の女性が狙われる連続殺人として捜査を進める中、サラ本人も自分と同じ名前の女性が狙われていることに恐怖を覚えるのです・・・

その後、T-800に見つかってしまうサラ(リンダ・ハミルトン)ですが、ターミネーターと同じ1984年5月12日にロサンゼルスに来ていたカイル(マイケル・ビーン)に間一髪のところを救われます。

なぜこの2人が1984年のロサンゼルスに・・・?

時は2029年の近未来。

そこでは、人類とサイバーダイン者開発した「スカイネット」が意志を持ち、人類を滅ぼそうと人類(抵抗軍) 対 スカイネット(機械軍)の激しい争いが起きていました。

人類絶望の危機を救う抵抗軍指導者である「ジョン・コナー」の誕生をなかったことにするため、スカイネットはジョンの母親サラ・コナーの命を奪うため、ターミネーターT-800を1984年のロサンゼルスに送り込んだのです。

サラを守るために抵抗軍からはカイル・リースが同じ1984年のロサンゼルスに送り込まれたのです!

なんとかT-800から逃れ、警察に確保されたのもつかの間、T-800が警察管をあっという間に皆殺しにし、2人に迫ってくるところをなんとか逃げ工場へ・・・。

どんな攻撃も効かないT-800、カイルはサラを守り命を落としてしまいます。

サラはなんとかT-800を圧縮機に誘い圧縮機で潰すことに成功。

いつしか愛あっていたカイルとサラ。

カイルのことを考えながら、サラはメキシコに向かうのでした・・・

まちょみ

頼りになる警察官も打つ手なしで、どうするの?!最初から最後まで救いようのない緊迫感があり、目が離せなくなりました。

ラストではターミネーターが骨組みだけになっても追いかけてくるシーンは、もはやホラーです・・・。

無表情で冷酷なシュワちゃんにご注目です。

時系列その1&その2:1991年公開「ターミネーター2」


基本情報
  • 上映時間:137分

  • 監督
    ジェームズ・キャメロン
  • 主な出演者

    ・アーノルド・シュワルツェネッガー

    ・エドワード・ファーロング

    ・リンダ・ハミルトン

    ・ロバート・パトリック

ターミネーターシリーズの中で1番の傑作と言われることも多く、とても人気が高い作品がこの「ターミネーター2」です!

近年ではデジタル3D化されていることも、作品の安定した評価を物語っています。

あらすじ

1994年 ロサンゼルス。

あのターミネーターとの戦いから10年の月日が過ぎ、1997年8月29日「審判の日」と言われる、30億人の人命が失われる人類間の核戦争が迫っていると主張するサラ(リンダ・ハミルトン)は、精神病患者と疑われ、精神病院に保護さていました。

養父母と生活している、カイル・リースとサラの間に生まれた息子ジョン(エドワード・ファーロング)は、サラの偏った教育を受け子供ながらにハッキングや武器の知識に詳しく、ATMでお金を盗んでは、ゲームセンターで遊ぶなし非行に走る日々を送っていました・・・。

ある日2029年から、2体のターミネーターがジョンの前に現れるのです!!!

1体は自由自在に変化することができる液体金属製の最新型T-1000(ロバート・パトリック)。

T-10000は、未来の抵抗軍リーダーである「ジョン」を始末するために送り込まれたターミネーターです!

そして、もう1体は自分を守るために未来のジョンが送り込んだT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)でした。

ジョンの言うことを聞くようにプログラムされたT-800は、母サラを助けるべく精神病院に向かいます!

しかし、あと一歩のところでT-1000に襲われます!

T-1000は身体を自由自在に変化させられるターミネーター。

手強い相手に悪戦苦闘しながら、なんとか逃れたジョンたちは、メキシコでサラが隠しておいた武器を調達。

T-800からスカイネットが生まれるきっかけを作り出すコンピューターを開発する、サイバーダイン社の技術者マイルズ・ダイソンの存在を知ったサラ。

ダイソンを暗殺しようと、1人ダイソン邸に向かうのです。

危機一髪のところで、サラを止めることに成功したジョンとT-800はダイソンに事情を説明します。

事を理解してくれたダイソンは協力して、共にサイバーダイン社に向かうことに・・・。

そこで、ターミネーター(前作の)の腕とチップを取り、今後の研究で使用されぬよう抹殺しようとしていたとき、T-1000が現れ、製鉄所に逃げ込みます。

格闘の末、なんとか溶鉱炉にT-1000を落とすことに成功。

T-800の腕とチップも溶鉱炉に投げ消滅。

T-800は自分も存在すればいずれ利用されると、自ら溶鉱炉に沈んでいくのでした・・・

まちょみ

第1シリーズのように無表情で追いかけてくるターミネーターではなく、コナー親子とT-800が一緒に戦うことで、人間同士のように信頼関係を築いていく・・・

まるで、父と子のような関係になった2人のラストシーンは涙なしでは見られません。

時系列その1:2003年公開「ターミネーター3」


基本情報
  • 上映時間:110分
  • 監督
    ジョナサン・モストウ
  • 主な出演者

    ・アーノルド・シュワルツェネッガー

    ・ニック・スタール

    ・クレア・デーンズ

    ・クリスタナ・ローケン

「ターミネーター2」から、さらに10年後のストーリーとなります。

「ターミネーター3」からジョナサン・モストウ監督に変わり、ターミネーターシリーズ初の女型ターミネーターの登場です!

あらすじ

2004年 ロサンゼルス

ジョン・コナー(ニック・スタール)は、1997年に来るはずだった「審判の日」を逃れ、母サラ・コナーを白血病で亡くしてしまうも、平和に暮らしていました。

しかし、再び2体のターミネーターが2032年から送り込まれジョンの前に現れます。

未来の抵抗軍幹部を抹殺するため、またしてもスカイネットから送り込まれたのが性能はあのT-1000を遥かに上回る女性型のターミネーターT-X(クリスタナ・ローケン)。

そして、もう1体は人々を守るために未来のジョンの妻ケイトが送った、T-800の改良型であるT-850(アーノルド・シュワルツェネッガー)でした。

ジョンだけでなく、幼馴染であり未来の妻となるケイト・ブリュースター(クレア・デーンズ)も狙われていたのです!

T-Xがジョンとケイト前に現れた時、彼を救うべく現れたT-850。

彼らは激しいカーチェイスをしながら逃亡し、サラ・コナーが生前、来たる日に備えて用意した大量の武器がある彼女のお墓に向かいます。

T-Xの目的がジョンとケイトのみならず、ケイトの父を含むスカイネットの全関係者を狙っている事を知ったジョンたちは、空軍基地へ急ぎます。

ですが、既にケイトの父は軍のシステムにスカイネットを接続していました・・・。

ウィルスに潜入され、基地についた一同はT-Xの攻撃を受けることに・・・。

T-850はT-Xにプログラムを書き換えられてしまいジョン抹殺ミッションが復旧してしまい、ジョンに襲いかかってくるのですが、自らプログラムを打ち破り、ジョンを逃すのです・・・

その後、なんとか核シェルターに到着したジョンとケイト。

そこにT-Xが現れ再び襲われますが、T-850が自らを犠牲にし、T-Xを破壊するのです!

無事に核シェルターに入った2人は、そこで核ミサイルが各都市を攻撃している光景をモニターで確認することに。

この光景こそがまさに「審判の日」であり、T-850の本当の目的。それは、「審判の日」にジョンとケイトを生き延びさせる事だったことがわかるのでした・・・。

まちょみ

監督はジョナサン・モストウへと引き継がれ、迫力のあるカーチェイスシーンや、T-850とT-Xが激しく戦うアクションシーンは見応えありです!

アーノルド・シュワルツェネッガーも当時は55歳ですが、さすがシュワちゃんと言わざる終えません。

時系列その1:2009年公開 「ターミネーター4」


基本情報
  • 上映時間:114分
  • 監督
    マックG
  • 主な出演者

    ・クリスチャン・ベール

    ・サム・ワーシントン

映画「ターミネーター4」は、映画「ターミネーター3」のラストで、審判の日の当日でストーリーが終わっているので、審判の日を迎えて核戦争が始まった、荒れ果てた世界が舞台となっています。

あらすじ

2003年。

刑務所で、死刑囚マーカス・ライト(サム・ワーシントン)が、サイバーダイン社の献体に協力する書類にサインをして、死刑になりました。

時は流れ、2018年ロサンゼルス。

「審判の日」から人類の抵抗軍は機械軍と荒れ果てた世界で争い続けていました。

それから時は流れ、舞台は2018年。前作のラストで起きた「審判の日」から、人類の帝国軍は機械軍と荒廃した世界で戦い続けていました。

抵抗軍のジョン・コナー(クルスチャン・ベイル)は海中の潜水艦にいる司令官から、スカイネットを停止するシグナルを発見したこと、それにあたってマシンの探知シグナルの効果検証を引き受けます。

同じころ、サイバーダイン社に献体されたマーカスが目を覚まします。

記憶を失っていた彼は、荒れ果てた街の中でターミネーターT-600に襲われそうなとき、孤児の青年カイル・リースに助けられました。

ジョンの無線放送を聞いたカイルとマーカスは、ジョンの元に向かう途中にも数々のターミネーターに襲われ、カイルは人間捕虜輸送マシンであるトランスポートに拉致されてしまうのです。

マーカスはカイルを助けようとしましたが、救うことができずにいるとジョン・コナーが救助に向かわせた抵抗軍の戦闘機がトランスポートを攻撃!

ですが、敵の攻撃にあい墜落してしまうのです。

意識を取り戻したマーカスは、戦闘機の女性パイロットブレアと共にジョン・コナーのいる基地に向かいます。

道中に地雷地帯があり、慎重に進むも誤ってマーカスが地雷を踏んでしまい大怪我を負い、急いでジョンのいる基地で治療をすることに・・・

マーカスを見たジョンは「これは何だ?」と呆然とします。

なんとマーカスの体のほとんどが「サイバーダイン社」によって製造されており、脳にはチップが埋まっていていたのです!

ジョンは、マーカスが“自分を殺しに来たターミネーター”だと思い、マーカスは拘束されてしまいます。

しかし、パイロットのブレアはマーカスが敵でないことを信じて逃します。

ジョンは逃げるマーカスを追いかけますが、その途中ターミネーターに襲われ、マーカスが助けてくれたのです!

疑いつつもマーカスを信じてみることにしたジョンは、抹殺リスト1位であるカイルが捕虜として囚われていることを知り、マーカスと助けにスカイネットに向かいます。

同じころ、司令官は攻撃準備が整ったため、スカイネットの中枢を破壊しようと動き始めました。

スカイネットにはカイルを含め、多くの捕虜がいるためジョンはこれに反対。

ジョンは、カイルがいなければ自分がこの世に誕生しないことを知っているので「すべてを失い、過去と未来全てを失う」と訴えたのですが、司令官はジョンの任務を解任するのです。

それでも諦めずジョンは訴え、それを聞いた仲間は、信じて総攻撃を待ってくれることに。

マーカスはジョンをスカイネットの内部に入れることに成功カイルの居場所も発見するも、それは「人間になりきり目標を見つけて、目標をここに連れてくる」という自分のプログラムによるものだったと知るのです。

自分の知らないところで、マーカスは人類の罠となっていて、司令部が見つけたシグナルも偽物でした。

スカイネットによって逆探知された司令部の潜水艦は爆撃されてしまいます。

ジョンは捕虜を逃しながら、カイルを探し続けていると、開発されていたT-800に見つかり攻撃を受けるのですが、なんとかカイルを発見し逃げます。

T-800と戦うマーカスでしたが倒され、逃げながらもジョンはT-800と戦いダメージを与えたかと思いきや、T-800によってジョンは心臓を貫かれ、瀕死状態になってしまうのです!

その最中、倒れていたマーカスが起き上がりT-800を倒します。

なんとか救い出されたジョンは、基地に戻るヘリの中から爆破スイッチを押し、スカイネットの中枢を破壊することに成功。

瀕死状態だったジョンを救うために、マーカスは自分の心臓を移植することを提案。

無事に手術は成功し、ジョンは生き延びることができましたが、人類と機械軍の戦争はこれで終わりを迎えることはありませんでした。

まちょみ

今までのシリーズでは、現代に未来から来たターミネーターと戦うものでしたが、映画「ターミネーター4」では、「審判の日」が終わった後の荒れ果てた世界が舞台になっていて、人類vs機械軍の戦争が描かれており、今までのターミネーターシリーズとはまた違った目線で楽しめる作品になっています!

時系列その2:2019年公開映画「ターミネーター/ニュー・フェイト」


基本情報
  • 監督

    ティム・ミラー

  • 製作総指揮

    ジェームズ・キャメロン

  • 主な出演者

    ・アーノルド・シュワルツェネッガー

    ・リンダ・ハミルトン

    ・ガブリエル・ルナ

    ・ナタリア・レイエス

    ・マッケンジー・デイヴィス

2019年11月8日に公開する「ターミネーター ニュー・フェイト」は、「ターミネーター」「ターミネーター2」の正当な続編です。

サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が「スカイネット」と戦ったその後の人生をどのように歩んできたのかが、描かれるほか、

新ヒロインとなるダニ・モラス(ナタリア・レイエス)と言う女性が、T-800とサラ・コナー。

そしてダニ・モラスを守る女性「強化人間」と新たなキャラクターのグレイス(マッケンジー・デイヴィス)が、敵となるターミネーターRev-9(ガブリエル・ルナ)と戦う物語となっています。

ジェームズ・キャメロン監督、そして初代メンバーが揃った「ターミネーター ニュー・フェイト」!

傑作「ターミネーター2」の後続!今から公開が楽しみでなりません♪

「ターミネーター ニュー・フェイト」の詳しい情報を知りたい方はこちら!

2015年公開 映画「ターミネーター新起動/ジェニシス」


基本情報
  • 上映時間:126分
  • 監督
    アラン・テイラー
  • 主な出演者

    ・アーノルド・シュワルツェネッガー

    ・エミリア・クラーク

    ・ジェイ・コートニー

    ・ジェイソン・クラーク

    ・イ・ビョンホン

「ジェニシス」は、今までのシリーズ4作と一切繋ががない並行世界として存在している作品です。

物語は、第1シリーズの「ターミネーター」1984年ですが、設定などはリブート作品なので、直接的な繋がりはありません。

あらすじ

舞台は1984年 ロサンゼルス。

1997年にあった「審判の日」30年以上。スカイネット率いる機械軍と人類による抵抗軍の争いは続いていました。

2029年、機械軍の反乱によって人類は滅亡の危機にあうも、抵抗軍リーダーのジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)の活躍により、その戦いに終止符が打たれようとしていたのです。

抵抗軍のジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、窮地に立たされたスカイネットが自分の母親サラ・コナーを抹殺するために過去にT-800を送り込むことを知り、阻止すべくジョンは、志願した同僚のカイルを時空転送装置で過去に向かわせるのです!

1984年についたカイルを待っていたのはT-800でもなくサラでもなくT-1000(イ・ビョンホン)でした。

T-1000に襲われ危機一髪のところでそこに現れたのはなんとたくましく女性のサラ・コナー(エミリア・クラーク)でした。

助けてくれたサラと行動を共にしていたのは彼女を抹殺しにスカイネットから送られたはずのおじさんと呼ばれるT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)でした!!!

幼少期にT-1000によって両親を殺されれてしまったサラ。

おじさんのT-800がサラを守るために派遣されていました。そしておじさんのT-800はカイルと共に送られるはずだった若いT-800を倒し、サラと共に生活を送っていたのでした。

そのときからT-800はずっとサラを見守ってきたのです。

救いにきたのに逆に救われたカイルは、過去が変わっていることを知るのです。

その後、T-1000を倒すことに成功した、サラはは1997年の審判の日に行こうと準備をしていましたが、カイルは1984年に転送中、審判の日が2017年というキーワードを目にしていたため、T-1000との戦いで傷を負ったT-800を残し2人で2017年に行くことに。

2017年に到着した2人はサイバーダイン社が開発した「ジェニシス」というOSの存在を知るのです。

「ジェニシスはスカイネットだ」とカイルが目にしたキーワードにより、このOSの起動こそが、新たな「審判の日」となると知ったカイルとサラは「ジェニシス」を破壊することを決意します!

そんなサラたちの前に2029年からジョンが現れます。2017年のT-800は迷うことなくジョンを撃って、混乱。

ところがジョンと思われていた人物は再び立ち上がるのです。

スカイネットによりジョンは人間ではなく新型ターミネーターT-3000へと改造されてしまったのでした・・・。

T-3000の襲撃を逃れ、サイバーダイン社に務めるダニー・ダイソンの元に向かいます。

追ってきたT-3000をT-800は体を張って破壊することに・・・。

T-800が起こした爆発によって、サイバーダイン社も消滅。

ジェニシスの起動は阻止され、T-800はバージョンアップしてサラの元に戻ることができたのでした!

ターミネーターT-1000としてイ・ビョンホンを起用したり、過去がガラリと変わっていたりと新たなターミネーターを見れる作品になっております。

劇中の中で第1シリーズと同じシーンも出てきたりもするので、賛否両論はありますが、ターミネーターファンにもたまらない作品ではないでしょうか?

ラストシーンで、3人は幼少期のカイルのもとに向かい、サラは子供のカイルにスカイネットのことを話します。

「スカイネットはジェニシスだ」そう告げたサラはカイルとT-800のもとへ戻り、一件落着と思いきや!

破壊されたはずのサイバーダイン社にはジェニシスのコアが残っいたため、再起動をしようとしていたのです・・・

映画「ターミネーター」シリーズの全作品時系列まとめ

いかがでしたでしょうか?

改めて時系列順に並べてみると、ターミネーターのスケールの壮大さや作り込みの濃厚さがよく分かります♪

「ターミネーター」の生みの親であるジェームズ・キャメロン監督は当初、「ターミネーター2」で物語を完結したと考えており、続編を作ることは考えていなかったそうで、第の3シリーズ製作から離脱していました。

なので、第3シリーズ以降のストーリーはジェームズ・キャメロン監督が思い描く展開ではなかったようで・・・

「第3、4シリーズはなかったことにしてもいい」と辛口な発言があり、今回公開される「ターミネーター/ニュー・フェイト」でジェームズ・キャメロン監督が思う「ターミネーター」のその後が描かれているのです!

なので時系列的にも、2019年11月8日公開の「ターミネーター/ニュー・フェイト」までには、「ターミネーター」「ターミネーター2」は見ておくことをおすすめいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です