映画ミストのネタバレ感想~理不尽がランダムにおそいかかる~

今回は映画ミストのネタバレ感動をまとめていきます!

ミストと言えば、有名な作家スティーブン・キングさん原作の作品。「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」といった大ヒット作品に続くサイコサスペンスです。最近観た「it」もかなり面白くて、一気にスティーブン・キングさん原作映画を試しまくっています。

噂通りのラストシーンがすごい衝撃的。理不尽な事実をありのまま映している感じで、生々しい映画だと思いました。

映画ミストの基本情報

  • 制作年:2007年
  • 上映時間:125分
  • 制作国:アメリカ
  • 原題:The Mist
  • 配給:ブロードメディア・スタジオ

監督/原作/主なキャスト陣

  • 監督・脚本
    フランク・ダラボン
  • 原作
    スティーヴン・キング『霧』
  • 主なキャスト陣

    デヴィッド・ドレイトン役/トーマス・ジェーン
    ミセス・カーモディ役/マーシャ・ゲイ・ハーデン
    アマンダ・ダンフリー役.ローリー・ホールデン

    ブレント・ノートン役/アンドレ・ブラウアー

あらすじ

激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。

引用元:映画.com

映画ミストのネタバレ感想

人それぞれ違う理不尽との向き合い方

ミスト

突如町を襲った霧とモンスターに身動きを封じられ、住民たちはスーパーマーケットの中でそれぞれの思う価値観のもと、籠城や脱出などの行動を起こします。

みんな同じ環境の中にいて、同じ理不尽を味わっていても、そこから生まれる思想や行動がこんなに多種多様に分かれてしまうのがすごいリアル。

事の発端は、スーパーマーケットの裏口で発電機のチェックをしていた若い職員さんが、霧の中から出てきた謎の触手に殺されてしまうシーン。ちょっとインテリな主人公の冷静な指摘に劣等感を刺激されて、自分たちが霧にビビっていないと証明しようとした結果、若い命が亡くなりました。

目の前で人間が殺された事実を主人公たちが話しても、「はったりだろ」とか、「なぜこんなときにふざけた嘘をつくんだ」とか言われて、信じてもらえません。

神様がお怒りになったから人間に罰が下ったのだと、自分の思想で周囲を洗脳しようとする女性も登場。人間が殺されていくにつれて、徐々に彼女は、救いを求めた周囲の人々から支持を得ていきます。日本だと宗教への傾倒に対して感情移入しづらいけれど、国によってはあまりにも生々しいシーンなのかもしれない、と感じました。

主人公も、最初は冷静に現状を理解しようと努め、ひたすら戦い続ける人間ではあったものの、その正義が盲目的になりすぎて、多くの人の命を犠牲にしてしまいます。

みんなそれぞれ危機的状況の中で信じたい思想に分かれ、大きく二分化。スーパーマーケットから脱出を試みる主人公たちと、神様の使いをうたう女性のもとに従うその他に分かれてしまいました。

人間が人間を裁きまくる

ミスト2

同じ危機的状況を乗り越えたい人同士なのに、めちゃくちゃ他人を批判しまくります。

インテリに負けたくない気持ちから見栄を張って、序盤に発電機をつけちゃったメカニックのジム。
怪物なんているわけない、馬鹿馬鹿しいと言いながら仲間を引き連れて出ていったノートン。
ここぞとばかりに自分を神様の使いと偽って、怯える人々を信じ込ませ、生贄として人殺しまで先導してしまうカーモディ。
冷静な対応を心掛けながらも、かなり横柄な感じで人に指図する主人公デヴィッド。

お互いの主張をぶつけあって、絶対に誰も折れないから、終始同じ一つの方向に向かっていかない感じがやっぱりすごいリアルでした。

各々で自分の信じたい考えがあって、それにすがりつきたい気持ちが先立って、足並みが揃わずに最後までバラバラになってしまいます。盲目的な信念に従って人が人を批判し続けているのは、お互いに相手に裁きを下しているような感じ。みんな神様のような立ち位置から自分だけの正当性を誇示して、その指針を基に人間へ判決を下しているような印象を持ちました。利己的な部分を剥き出しにして堂々巡りに言い合う、折り合いのつかない争いが集団を蝕んでいきます。

終わらない主張同士のぶつかり合いから監督は、困難を脱するには協力や連帯が不可欠って言いたかったのか。人間は生まれつき善ではない、みたいな発言をする登場人物もいたりして、内面を探り合ったり勝ち負けにこだわったりする場面も多いです。

ラストシーンに込められた不条理のランダム性

ミスト3

やっぱり印象的なのは残酷なラストシーン。スーパーマーケットからやっとの思いで脱出した主人公たちが、ガソリンも無くなり身動きできない状況下で、集団自殺してしまうシーンですよね。

実の息子まで殺めてしまい、自分ひとり取り残されてしまう。「とにかく死なせてくれ」といった感じで怪物に叫び散らすも、霧が晴れた先には問題解決に乗り出す軍の戦車が目に留まります。救護車の上には映画序盤でスーパーから脱出して子どもを無事救出した女性の姿。主人公からしたら、「ここまで戦ってきて家族まで犠牲にしたのに、解決するんかい、ふざけんな」な場面です。倫理的、道徳的に嫌悪感を覚える人も多いラストシーンです。

なんというか、ずっと眼前の不条理に抗ってきたのに、最後の最後で主人公たちが諦めてしまうシーンなので、「最後まで諦めるな、光はあるんだ」という希望のような意図も感じられます。監督や原作者の本音は分からないけれど(>_<)

何より怖いと思ったのは、人それぞれ自分の正義を貫いても、無作為に不条理が降りかかってくるっていうはっきりとした事実でした。

局面を進めていかないと何事も分からないのだから、自分の意思は常に事態の好転を目指さないといけないのだ、と自分自身に追い打ちをかけるラストでした。

映画ミストのネタバレ感想 まとめ

映画ミストのネタバレ感想をまるっと書いてみました!

スティーブン・キングさん原作の映画はかなり好きですが、その中でもミストはなんというか、生々しくて、ありのままの理不尽を描写しているって感じでした。特にラストシーンが嫌いな人も多く、人の価値観によって判断の分かれる映画だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です